XLPack ソルバー 数値積分 (半無限区間)

積分区間の片方が-∞または+∞の数値積分を行います.

f(x) = 1/(1 + x^2)

の積分を求める例を示します.

変数セル(この場合B6)にはプログラムがxの値を書き込みます. 関数値セル(この場合B7)にはxよりf(x)を求める数式を入力しておきます. この場合, =1/(1+B6^2) とします.

積分区間および出力セル範囲 (この場合D7:E12)には積分範囲 [-∞, a] または[a, +∞] の片方の値a (入力)および積分の計算値(出力)のためのセル範囲を指定します. 各行の1列目にaを入力して「計算開始」をクリックすると, ∫ f(x) dx [-∞, a] または[a, +∞] を求め各行の2列目に出力します. 指定した範囲内であってもaが空白の行に出会うと計算を終了します.

使用するプログラムは, 半無限区間の場合Qagi およびDehintから選ぶことができます. また, 特殊な関数用としてQawfを選ぶことができます.

計算精度の標準値は 1.0e-8 です. QagiまたはQawfのEpsAbsおよびEpsRelにこれを設定します. DehintではEpsに設定します.
Qawfの場合にはさらに1個のパラメータを設定する必要があります.

それぞれのセル範囲は必要な範囲よりも大きく指定することができ, その場合には左上から必要なだけの大きさの範囲を使います.

 

「保存/読込」についてはこちらを参照ください.

「ヘルプ」をクリックするとネット接続中であればこのページを表示します.

右上の「?」は正しく動作しません. 「ヘルプ」ボタンを使用してください.

Top